歯周病・インプラント専門医による【実績に基づく安心と信頼のインプラント治療】-インプラント,治療費,価格,費用,歯,歯周病,入れ歯/藤沢,鎌倉,神奈川のインプラント歯科,歯医者

インプラントとは

インプラントとはHAインプラントの有用性インプラントと入れ歯とブリッジの比較

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えている傾向にあります。インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。
歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

HAインプラントの有用性

HAインプラントの有用性

近年、インプラント治療は急速に発展し、インプラント治療を審美的かつ機能的に満足できる結果を得るためには理想的な埋入位置が求められます。

インプラントの表面特性は直接的に骨との反応に影響を与え、このことが治療時間とインプラント体結合の条件に関与しています。当院では、HA(ハイドロキシアパタイト)コーティングインプラントを使用することで、このような問題の軽減に取り組んでいます。

HAコーティングインプラントとは、純チタンにHAがプラズマコーティングされたものをいい、インプラント表面との生化学的な強固な結合様式により、インプラント体の安定を図ります。ハイドロキシアパタイト《HA:Ca10(PO4)6(OH)2》はリン酸カルシウムの一種で、生体内では骨や歯の主成分であるため生体組織と親和性が高く、時間の経過に伴い、生体骨と結合する性質をもっています。人体の骨と科学的に似ているため為、害作用も少ないとされています。

インプラント体表面と歯槽骨との結合様式の考え方は現在では、オッセオインテグレーションとバイオインテグレーションとに分けられ、オッセオインテグレーションとは一般的に純チタンの表面と骨との酸化チタン膜を介した化学的結合であり、バイオインテグレーションとはHAと歯槽骨とのカルシウムブリッジを介する真の生化学的結合様式と定義されています。

そのため、HAインプラントは生体の自然治癒能力を最大限に引き出すことで、自然な骨の再生を可能にすることが出来、従来のチタンインプラントよりも強力に結合し、短期間で治療を終えられるようになりました。

HAインプラントの有用性

そして、このHAインプラントは骨伝導能(骨再生の足場となる能力)により、チタン系インプラントと比較してインプラントを埋入する様々な条件(骨欠損の形態、骨質、根尖病巣や歯周疾患の有無など)にあまり左右されず短期間で確実に完了することが可能になりました。今まで単独では行えないような骨処置がインプラント埋入と同時に行えるようになったのです。すなわち、いろいろな処置のコンビネーションが一度に行えるようになったということです。これは、術者サイドのストレスの軽減だけでなく、患者様に与える負担もはかり知れないほど軽減することが可能となったといえます。

▲ PAGETOP

インプラントと入れ歯とブリッジの比較

インプラントは、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つに分けられます。
構造上の特長であるこの上に上部構造補綴物(人工歯)を被せます。

インプラントは顎の骨に歯根部となる金属(チタン)を埋め込み、その上に人工歯を被せます。インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に安定した人工歯を被せることができます。このようにして天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機能性が回復します。

インプラントのアバットメント(支台部)を埋め込むのに、1日で済む、簡単な手術が必要になります。その後、インプラント体が骨に定着するのを4ヶ月〜半年待って、人工の歯(歯冠)をつけます。

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて、本物の歯に感触が一番近くて、入れ歯やブリッジとの比較の中では一番よい治療方法だと思われます。下記の比較表を参考にしてください。

インプラント・ブリッジ・入れ歯 比較表

インプラント・ブリッジ・入れ歯それぞれに、メリット・デメリットがあります。以下の表にまとめていますので、ご参考にしてください。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適用 なし あり あり
メリット ・自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
・天然歯自分の歯と同じようにきれいで美しい。
・周りの歯を傷つけない。残った歯への影響が少ないため自分の歯を多く残せる。 顎の骨がやせるのを防げる効果がある。
・固定式なのであまり違和感がない。
・セラミックを使えば天然歯のようにきれい。
・治療が短期間。
・比較的治療が簡単で短期間。
・通常の入れ歯の材質・方法なら治療費が安い。
デメリット ・1日の簡単な手術が必要。
・比較したとき治療費が高い。
・骨への定着期間を入れると治療期間が長い。
・両隣の健康な歯を削らなければならない。発音に問題が発生する場合あり。
・支えになる歯に大きな力の負担がかかる。抜けた歯の骨が痩せる場合がある。
・ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
・噛み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多い。
・食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。
・ガタつきがあり違和感を感じる。顎の骨が痩せる場合が多い。
・留め金が見えて見た目がよくない。

インプラント・ブリッジ・入れ歯、どの治療にするか?

さて、3通りの歯科治療方法の中で、どの治療法を選択するか?
これについては、お口の中の状況や、今後の希望によってまったく違ってきます。
人それぞれに向き不向きがありますので、お気軽にご相談ください。

▲ PAGETOP